継灯式を終えて

看護学科1年 横田 菜摘

  10月11日、たくさんの方に見守られながら無事に継灯式を終えることができ、式に来てくださった来賓の方々、先輩方、先生方、そして私たちをいつも支えてくれる家族の前で誓いの言葉を述べることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。  

 今年から戴帽式ではなく、継灯式という形で式が行われました。継灯式とは、ナイチンゲールの灯火を受け継ぎ、看護師という夢に向かって誓いの言葉を誓い、看護への道の一歩を踏み出すための式です。

 私は「責任感のある看護師になる」ことを誓いました。看護師が臨床の現場で患者さんに対して行う看護行動は、すべて自分の責任で行わなくてはなりません。また、患者さんの個人情報などの守秘義務があります。私たちにはそれを守る義務があるので、看護師とは責任重大な仕事である、と思います。式で誓った言葉を忘れず、私が目指す看護師になるために、勉強・実習を頑張りたいです。

 これからは今より勉強の内容が難しくなり、大変な日々が増えて行くと思いますが、同じ目標を持つ仲間と共に支えあいながら毎日頑張っていきたいと思います。

resize0875

ページトップへ