臨地看護学実習を終えて

3年 松原 渉太

1月から始まった10か月間の臨地看護学実習が終わりました。実習が始まる前は不安や緊張からとても長いと感じましたが、終わってみるとあっという間の10か月でした。

臨地看護学実習では、様々な領域で実習をさせて頂き受持ち患者さんや療養者さんへの看護を展開しました。

領域の特徴、対象の特徴を捉え、看護計画の立案・実施をしていく中で自分の知識・技術の未熟さを痛感し 「今、自分は対象にとって本当に必要とされる看護ができているのか」と不安になることもありました。しかし、先生やスタッフからのご指導やメンバーの支え、そして何より受け入れてくださった患者さんや療養者さんの笑顔や「ありがとう」「助かります」等の言葉を頂いたときは、とても嬉しく励みになりました。

実習で患者さんと接していく中で、患者さんの治療に対する思いや悩みを聞くことがあり、その際に患者さんから看護師には頼みにくい、言いづらいことを話してくださいました。私はスタッフと相談し、学生カンファレンスを通してどのように不安や悩みを解決していけばよいか考えました。看護者が一方的に方法を提案するのではなく、患者さんの思いを大切にし、一緒に解決策を考えていくことで患者さんの心に寄り添った看護を行っていくことが重要だと学びました。

この10か月、対象と関わっていく中で看護の難しさや大変さも感じましたが、患者さんやご家族の方から頂いた笑顔や感謝の言葉でとてもやりがいのある楽しい実習になりました。

今回の実習で学んだこと、感じたことを活かすためにも2月の看護師国家試験に向けて頑張っていきたいと思います。

 

ページトップへ